たるみUP!

下まぶたのたるみを手術無しで簡単に改善する方法

下まぶたのたるみを手術無しで簡単に改善する方法

目元は年齢が出やすい部分なので、加齢などによって下まぶたがたるんでくると、歳を取った印象を与えてしまいます。

下まぶたのたるみを解消する方法として、手術を選択する人も多いですが、ここでは手術無しで簡単に解消できる方法を紹介したいと思います。

下まぶたがたるむ原因1:乾燥

下まぶたがたるんでしまう要因の一つに「乾燥」があります。乾燥の恐いところは、たるみ以外にもしわやくすみといった肌トラブルの要因にもなってしまうところでしょう。

つまり乾燥はお肌の天敵ということです。しっかりとしたケアをする必要があります。

乾燥による下まぶたのたるみには「ビーグレン」がおすすめ


目元が10歳若返る魔法のようなアイクリームが「ビーグレン」です。ナノ以上に小さなカプセルにより浸透力がグンとアップし、肌のコラーゲンやエラスチンを甦らせてくれます。

下まぶたのたるみだけでなく、クマやくすみ乾燥じわなどのあらゆる目元のお悩みに働きかけてくれます

これまで色々なアイクリームを試してきたけど、効果を実感することができなかった、という人にもおすすめです!ビーグレンならきっと効果を実感できるはず!

一度使い始めたら、もう手放すことができなくなってしまう程の愛用者が多いのも特徴です。

ビーグレン(b.glen)の詳細はこちら

下まぶたがたるむ原因2:新陳代謝の低下

目の下の皮膚というのは、他の部位の皮膚と比べると薄く出来ています。

その為、リンパの流れが悪くなり老廃物が溜まってしまうと、すぐに症状として皮膚の表面に表れやすい部分なのです。

新陳代謝の低下には生活習慣の見直し・リンパの流れを良くすることがポイント

新陳代謝が低下する原因は、主にストレスや睡眠不足、喫煙や食生活の偏りといった生活習慣が関わってきます。

新陳代謝が低下すると下まぶたなどの目元に影響がでやすいので、良質な睡眠をしっかりとるようにしたり、バランスの良い食事を摂るようにするなど、生活習慣の見直しをするようにしましょう。

また、リンパの流れを良くするためにも、下まぶたのたるみに効くとされるツボ押しマッサージをするようにしましょう。

やり方はとっても簡単!
まず、人差し指の腹を、鼻をはさむような感じで、目頭に軽く押さえます。

そして目頭から目じりにかけて人差し指をすべらせます。この時、目尻の斜め下部分にある、救後(きゅうご)というツボを押すのがポイントです。

これを5回ほど繰り返しましょう。とても簡単なので、テレビを見ている時など気軽に出来るのがいいですね。

ただし、乾燥した状態でマッサージをすると肌を傷つけてしまいますので、上記で紹介した「ビーグレン」などの目元専用のクリームを塗ってから行うようにしましょう。

下まぶたがたるむ原因3:筋力の低下

下まぶた周辺の筋肉も他の筋肉同様、加齢などによって衰えてきます。筋肉が衰えてくるとたるんできてしまうので、下まぶたのたるみが目立つようになってしまうのです。

目元の筋力アップエクササイズでたるみを撃退

筋力アップエクササイズで目元の筋肉をつけて、下まぶたのたるみを解消させましょう。

まず、眉だけを上に引き上げ、両手の指で眉を押さえ固定します。

次に、下まぶたを持ちあげるように目を閉じたり、開いたりという動作を10回繰り返します。

上記を1セットとし、3セット行いましょう。

down

コメントする