たるみUP!

目の下のくぼみは日ごろのケアで解消できる

目の下のくぼみは日ごろのケアで解消できる

目の下がくぼんでしまって、まるでガイコツみたい…

目の下のくぼみは加齢の最も気になる箇所なので、お悩みの方も多いのでは?

目の周りというのは身体のなかで最も皮膚が薄いので、たるみやくぼみなどの年齢サインが出やすい箇所なんです。

日ごろから念入りにケアをしてしっかり解消させましょう。

目の下のくぼみはどうしてできるの?

目の下がくぼんでしまう原因は、加齢などによって目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えたり脂肪が減ったりすることで、肌がたるんでしまい下に落ちてしまうからなんです。基本的にくぼみもたるみの一種だと言えます。

また、代謝が悪くなり老廃物が体外へ流れずに滞っていると、その重みで目がくぼんでしまうこともあります。

こうした目のくぼみは、脂肪の多い太っている人よりも、皮膚表面や眼窩の脂肪が少ない痩せ型の人の方が目立ちやすい傾向にあります。

目の下のくぼみを解消する方法

眼輪筋トレーニング

くぼみもたるみの一種ですから、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えてあげると効果的です。

【トレーニング1】
1) 眼球に力を入れるイメージで、ギュッと目を閉じて5秒間キープします。

2) 目をカッと見開き、その状態で5秒間キープします。

3) 1~2を5回繰り返します。

【トレーニング2】
1) 下まぶたを引き上げて(まぶしい時にするようなイメージで)目を細めて5秒間キープします。

2) 目はそのままの状態で、眉毛を上に引き上げて5秒間キープします。※この時おでこにしわが寄らないように注意

3) 顔を元に戻します。

4) 1~3を3回繰り返します。

目の疲れを取る

目が疲れて凝り固まっていたり、老廃物が溜まっていることもくぼみの原因ですから、目のまわりの血行をよくし、代謝を向上させてあげることも大切です。

ホットタオルで血行促進しリラックス

血行を良くするためには目の周りを温めてあげるのが一番です。ホットタオルを使って温めるといいでしょう。

ホットタオルの作り方は、
1. 清潔なタオルを濡らしてしぼります。
2. おしぼりのようにぐるぐると丸めます。
3. 電子レンジ500Wで40秒~50秒ほど温めます。※お使いの電子レンジによって異なります。
4. 火傷をしないようにタオルを開き軽く熱を逃がします。

ホットタオルが出来たら、目の周りに当ててください。※およそ30秒ほど(好みの時間で結構です)

ホットタオルを当てている間、特にコリが気になる部分等、指でプッシュしてあげるとすっきりするのでおすすめです。ただしあまり強くしすぎないように注意してくださいね。

また、ホットタオルで温めた後、今度は反対に冷やしたタオルで冷たくすると筋肉がほぐれリラックス効果も期待できます。

冷やしたタオルの作り方は、
1. 清潔なタオルを濡らしてしぼります。
2. おしぼりのようにぐるぐると丸めます。
3. 冷蔵庫で十分冷やします。

ホットタオル同様、冷やしタオルも目の周りに好みの時間当ててあげましょう。

香りでリラックスできるホットアイマスクもおすすめ

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 14枚入


ラベンダーやカモミールジンジャー、完熟ゆず等香りがついたホットアイマスクを使ってリラックスするのもおすすめです。

CM等でご覧になったことがある人も多いのでは?

40度の温熱と心地いい蒸気が、目の疲れをじんわりほぐしてくれます。

ホットタオルのようにわざわざ作る必要もないのでラクチンですよ♪

目元専用のアイクリームで毎日ケアする

目のくぼみを解消させるには、目元のコラーゲン分泌を活性化する必要があります。

そのためには、目元専用のアイクリームを毎日塗りこみ丁寧にケアをすることが大切です。

目元は美容成分が浸透しにくいので、浸透力や保湿力が高い専用のアイクリームを選ぶようにしましょう。

おすすめアイクリームはビーグレンの「トータルリペアアイセラム」

トータルリペアアイセラム
ビーグレンのアイクリーム、トータルリペアアイセラムはくぼみやたるみなどの目の周りの様々な悩みに一度に対応できる満足度の高いケア用品となっています。

ビーグレンをおすすめしたい大きなポイントは国際特許を取得している独自の皮膚浸透テクノロジーにあります。

通常の化粧品だと美容成分が肌表面に留まってしまいますが、ビーグレンは美容成分をカプセル化し、独自の浸透技術で肌の奥にまで美容成分を浸透させることができるので、その効果を最大限引き出すことに成功しています。

エイジングケアが気になり始める20代後半から、本格的なエイジングケアを行いたい40代、50代以上といった各年齢層に支持されている、人気の高い化粧品です。

↓↓公式サイトはこちら↓↓

down

コメントする