たるみUP!

目の下の色素沈着してしまったクマを綺麗さっぱり消すには?

目の下の色素沈着してしまったクマを綺麗さっぱり消すには?

目のくまがあると疲れているような印象になりますし、老けて見られてしまうので何とか解消させたいですよね。

くまの中でも色素沈着によるものだと、なかなか治りにくかったりします。

では目の下が色素沈着してしまったらどうしたらいいのでしょう。簡単に治す方法はあるのか見ていきましょう。

色素沈着かどうか見分ける方法

まず目の下にあるくまが、色素沈着によるものかどうかを見分ける必要があります。

見分ける方法ですが、

「目の周りや目の下が茶色っぽい色をしていて、
目の周りの皮膚を引っ張っても消えない」

上記に当てはまる場合は、色素沈着である可能性が高いと言えます。

目の下が色素沈着してしまうのはどうして?

目の下が色素沈着してしまう原因は主に下記に挙げられるものになります。

・目を擦ったり洗顔時などの摩擦
・紫外線によるダメージ
・乾燥などによる肌のターンオーバーの乱れ
・肌に合わない化粧品やメイクの使用

目の周りの色素沈着に効果的な美白化粧品は?

目の周りの色素沈着には美白化粧品を使用することが効果的であり、ハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体といった成分が含まれるものがより効果的です。

これら成分には色素沈着の原因となるメラニン色素の合成を阻害したり、排出を促進させる効果があります。

中でもハイドロキノンは美白効果が特に高いとされています。ただし、ハイドロキノンはあまりに高濃度だと刺激が強いので、繊細な目の周りに濃度が高すぎるものを使うのは避けた方が良いでしょう。

おすすめはビーグレン


ビーグレンは医療レベルの浸透テクノロジーを駆使して開発されたサイエンスコスメです。

ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」にはハイドロキノンが配合されており、1.9%と低濃度となっています。

ハイドロキノンは高濃度であればあるほど刺激が強く、副作用も出てしまう可能性が高くなるため、このように低濃度となっており肌に優しくなっております。

もちろん肌に優しくても効果が無ければ意味がありません。

ビーグレンは独自の浸透技術「QuSome」にハイドロキノンを組み合わせた「QuSome化ハイドロキノン」を開発したことによって、低濃度であってもハイドロキノンの美白効果を最大限に活かし、高浸透美白を可能にすることに成功したのです。

そしてさらにおすすめしたいポイントとしてはビタミンC誘導体よりも抗酸化力が強い「ピュアビタミンC」が配合されていることです。

本来ビタミンCは肌への浸透が非常にしにくく、高濃度でコスメに配合するのは難しいものです。

しかし、ビーグレンは技術力を集約して、高濃度で安定した状態で肌にしっかり浸透させることに成功しました。

「ハイドロキノン」と「ピュアビタミンC」によるWの効果で、色素沈着の改善へと導いてくれます。

日常生活における色素沈着の予防法

色素沈着を悪化させて手遅れにならないようにするためにも、日ごろから予防をするように心掛けましょう。

日常生活における色素沈着の予防法をいくつかご紹介します。

目をこすらない
目を擦ると摩擦によって皮膚に負荷が蓄積され、色素沈着の原因になりますので、目をこすったり、洗顔で目の周りをゴシゴシ洗うのは辞めるようにしましょう。
メイクはしっかり落とす
目の周りは他の部分よりも色の濃いメイクをすることが多いので、特にしっかりとメイクを落すようにしてください。メイクをしたまま寝てしまうなんてことは絶対に無いようにしましょう。
紫外線対策をする
目元などの細かい部分は意外と紫外線対策が行き届いていない人が多いですが、隅々まで日焼け止めをつけるなどしっかり紫外線対策をするようにしましょう。




down

コメントする