たるみUP!

「肌にハリがない…」そう感じた時に試して欲しいこと

「肌にハリがない…」そう感じた時に試して欲しいこと

鏡に映った顔を見て「お肌にハリがない…」そう感じたことはありませんか?

肌にハリや弾力が無くなってしまって困っているあなたに、ハリを取り戻す方法をご紹介します!

肌のハリが無くなる原因

コラーゲンの減少
肌のハリや弾力を保つ役割のあるコラーゲンが減少してくると、皮膚を支えることが出来なくなってしまい
たるみとなって表れてきます。
表情筋の衰え
顔には網目状に多くの筋肉が張り巡らされています。顔の筋肉も体の筋肉と同じように、加齢等によって衰えてきます。
筋力が低下すると肌がたるんできて、ハリが無くなったように見えてしまいます。
食生活の乱れ
肌は毎日食べる食物によって作られています。そのため、食生活の影響が肌状態として表れてきます。
偏った食生活をしていると肌状態が悪化し、ハリや弾力が無くなってきます。
睡眠不足
人の肌というのは、睡眠時に栄養が供給され、健康な肌状態を維持することができます。睡眠時間が足りないと、栄養素が肌ん全体に送ることが出来ず、肌老化を促進させてしまうのです。
ストレス
ストレスによっても肌のハリが無くなってしまいます。ストレスが溜まると血の巡りが悪くなります。肌の血行が悪くなると肌劣化が進んでしまい、ハリや弾力が失われてしまうのです。

肌のハリがないと感じた時に使って欲しい化粧品

1位 ディセンシア アヤナス

【アイテム訴求・クリーム/ジェルのようなつけ心地】アヤナストライアルセット
アヤナスはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドであり、ハリや弾力を取り戻す効果の高い化粧品として、多くの皮膚科医が認めるハリケアコスメです。

ヒト型ナノセラミドが配合されており、肌奥までしっかり浸透、保湿してくれます。また、CVアルギネートがコラーゲン生成を促進してくれるので、ハリや弾力のある肌へと導いてくれます。

特許技術を取得したバリア機能のおかげで、敏感肌でも安心して使用できるようになっています。

まずはアヤナスを試してハリ&エイジングケアを実感してみてください。

アヤナス(ayanasu)の詳細はこちら

2位 ユーグレナ化粧品B.C.A.D.


59種もの栄養素を持つとされるユーグレナのエキスを配合した、今話題沸騰中の保湿化粧品です。

肌にハリ・ツヤを与える有効成分がナノ化してギュッと凝縮して配合されている為、内側からハリと潤いに満ちた肌へと導いてくれます。

無添加にとことんこだわった化粧品のため、肌の弱い敏感肌の人でも安心して使用できます。

「ハリが無くなってきたな」と思ったら、今話題のユーグレナの効果を是非実感してみてください。

3位 FUJIFILM アスタリフト


アスタリフトは「MAQUIA」「美ST」「VOCE」「美的」といった女性誌のベストコスメを総ナメにした人気コスメです。

松田聖子さんと松たか子さんのCMでも話題の化粧品ですね。

抗酸化作用に優れたアスタキサンチンと、リコピン、コラーゲン、セラミドといった有効成分をフジフイルム独自のナノ化技術で、肌全体にまんべんなく行きわたらせることができます。

それにより、ピンっと張ったハリツヤあるお肌へと導いてくれるのです。

この実力はコスメの効果をとくとご覧あれ!

ASTALIFT(アスタリフト)の詳細はこちら

食べ物も重要

食べ物
人の身体は食べたものによってできています。

その為、肌のハリが出るか出ないかも食べるものによって左右されます。

肌のハリに良いとされる食べ物と、反対に悪い食べ物を紹介します。

肌のハリに「良い食事」

コラーゲン
鶏皮、鶏手羽、軟骨、牛すじ、フカヒレ、魚皮、エイひれ
ビタミンA
にんじん、かぼちゃ、ピーマン
ビタミンC
レモン、キウイフルーツ、イチゴ、オレンジ、ブロッコリー、キャベツ、トマト、じゃが芋
ビタミンE
アボカド、ゴマ油、ナッツ
リコピン
トマト、スイカ
亜鉛
レバー、牡蠣、玄米
セレン
魚介類全般、玉ねぎ、大豆、にんにく
鉄分
ほうれん草、小松菜、ホタテ、レバー、ヒジキ、ゴマ、アーモンド
ポリフェノール
ブルーベリー、プルーン、ブドウ、柿、生姜

肌ハリに「悪い食事」

お酒
ビール
アルコールを大量に摂取すると、「コルチゾール」と呼ばれる副腎皮質ホルモンが上昇します。
このコルチゾールが上昇すると、肌のハリに必要不可欠なコラーゲンやエラスチンを減少させてしまいます。
お酒は適度に飲むようにしましょう。
糖分の多いもの
お菓子
糖質は脳のエネルギーとなるものですが、過剰摂取はNGです。
糖を摂りすぎると、糖とたんぱく質がくっつき、コラーゲンが硬くなってしまいシワを作る要因となってしまいます。これを「糖化」と言います。
お菓子の食べ過ぎにも注意が必要です。
脂肪分が高いもの
ハンバーガー
高脂肪のものを食べ過ぎると、身体が酸化しやすくなり、老化を進行させてしまいます。
また、脂肪分が高いものを食べることで余分な肉や脂肪がつきやすくなり、その重みによって皮膚がたるみ、しわができてしまいます。

生活習慣の見直しを!

間違った生活習慣を送っていると、当然肌の老化が進行しやすくなります。

正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

十分な睡眠をとる

人は睡眠中に細胞が活性化し、肌が作られます。肌のターンオーバーを正常にするために、お肌のゴールデンタイムと言われる午後10時~午前2時の間含む、7~8時間は睡眠をとるようにしましょう。

ストレスを溜めこまないように

ストレスを溜めこむと、血管が収縮し、肌の状態が悪化します。ストレスを溜めこまないよう、ストレス解消することで、肌状態が改善し美肌を取り戻すことができます。

適度な運動をすることは、ダイエット効果や新陳代謝が活発になる効果もあるので、おすすめのストレス解消方法です。

down

コメントする