たるみUP!

シミだけじゃない!紫外線はたるみの要因にもなる!

シミだけじゃない!紫外線はたるみの要因にもなる!

紫外線を浴びすぎるとシミが出来るというのは、ご存知の方も多いでしょうが、たるみの原因にもなるというのは割と認知が少ないのではないでしょうか。

たるみを予防するためにも、しっかりと紫外線対策を行うようにしましょう。

紫外線にはどんな種類があるか

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cという3種類があります。

UV-A(長波長紫外線)
UV-Aは肌奥深くにある真皮にまで届く性質を持っており、コラーゲンを破壊し、しわやたるみを引き起こします。

曇りや雨の日でも降り注ぐので最も注意しなければならない紫外線と言えます。

日焼け止めの「PA」という表記がUV-A対策用のものになります。UV-Aが最も多くなる5月から8月にかけては、この「PA」が高めの日焼け止めを選ぶようにするといいでしょう。

UV-B(中波長紫外線)
UV-BはUV-Aと違い肌奥の真皮にまでは届きません。肌表面の表皮までしか届かないのですが、UV-Bを浴びることでメラニンが過剰に生成されてしまいシミを引き起こしてしまいます。

日焼け止めの「SPF」という表記がUV-B対策用のものになります。UV-Bが最も多くなるのは夏場である7月、8月ですので、この間は「SPF」が高めの日焼け止めを選ぶようにするといいでしょう。

UV-C(短波長紫外線)
UV-Cは紫外線の中で最も身体へ害を与えるものになります。具体的には皮膚ガンや白内障等の原因と言われています。

ただし、UV-Cはオゾン層によりほとんど吸収されてしまうので、地表に到達することはほとんどありません。そのため、さほど心配する必要はありませんが、今後環境汚染等によりオゾン層が破壊されていく可能性もありますので、あくまで今のところは心配ないといったところです。

紫外線対策の基本は「日焼け止め」

紫外線対策の基本は「日焼け止め」
紫外線対策には色々あるかもしれませんが基本的な対策方法は日焼け止めを塗ることです。

日常生活でもレジャーを楽しむ場合も日焼け止めを塗ることが大切です。

紫外線は一年中、曇りや雨の日でも降り注いでいますから、外出する際は基本的に日焼け止めをつけるものだと思っておいた方が無難です。

日焼け止めの塗り漏れにも注意するようにしましょう。首筋や耳の前後は塗り忘れやすいので気をつけましょう。もちろん顔だけでなく腕や足など露出している部分は塗るようにしましょう。

夏場などは特に汗などで日焼け止めが流れ落ちてしまうので、小まめに塗りなおすことも必要になってきます。

曇りや雨の日でも、一年中紫外線対策は必須!

曇りや雨の日は紫外線は降り注いでいないと思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

曇りの日は晴れの日のおよそ60~80% 、雨の日でも晴れの日のおよそ30%、紫外線が降り注いでいると言われています。

ですので、天気が悪いからといって紫外線対策を怠らないようにしましょう。

そして、紫外線は一年中降り注いでいます。

1年の中で3月から紫外線がどんどん増えてきて、6月から8月にかけて最も多くなります。

1年を通してしっかり紫外線対策を行うよう必要があります。

室内でも紫外線対策は必要?

室内でも紫外線対策は必要?
室内ならさすがに紫外線は入ってこないだろうと思っている人も多いかもしれませんが、室内でも紫外線は入ってきます。

もちろん屋外と比べれば紫外線量は少ないですが、室内でも入ってきます。

窓際は特に注意が必要で、屋外のおよそ80%ほど入ってくると言われています。

窓から距離のある場所でも、拡散や反射をして屋外のおよそ20%ほど入ってくると言われています。

自宅に大きめの窓や天窓などがある場合は特に注意した方が良いでしょう。

室内での紫外線対策はどうしたらいいの?

さすがに室内でいる間中もずっと日焼け止めを塗るのは嫌ですよね?日焼け止め自体あまり肌によくありませんので、室内での対策は別の方法をおすすめします。

方法としては、まず「窓ガラスにUV対策をする」ことです。紫外線は窓ガラスを通過して室内に侵入してくるのですが、UVカットフィルムを張った窓ガラスなどにすることで、紫外線の侵入を防ぐことができます。

そして次に「UV加工のカーテンを使用する」ことです。UV対策をした窓ガラスだけでは100%カットすることはできないので、UV加工のカーテンを使用することでより紫外線の侵入をブロックすることができます。

ただ、すべての窓でUV加工のカーテンで閉め切ってしまうと、せっかく天気の良い昼間でも真っ暗になってしまうので、上手く使い分けるようにしましょう。

日焼け止めは肌に悪い?

日焼け止めは肌にあまりいいものではありません。

ただし、紫外線を浴びることの方が確実に肌に悪いと言えます。

紫外線は確実に肌を劣化させますので、外出する際は日焼け止めを塗るのは必須だと思った方が良いでしょう。

しかし中には日焼け止めを塗ったら肌荒れを起こしてしまった経験があり、日焼け止めを塗ることに抵抗がある人もいるかもしれません。

そうした方は特に、年々刺激の少ない肌にやさしいタイプが改良されて出てきているので、そういったものを選ぶようにするといいでしょう。

おすすめはオーガニック

肌が弱い人もそうでない人も、日焼け止めは肌に優しいオーガニックのものをおすすめしています。

今紹介したいのは肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品HANAオーガニックの「ウェアルーUV」です。

ウェアルーUVはSPF25、天然100%で美容液成分85%配合の日焼け止めです。

オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴や色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれるので、日常生活使いにピッタリです。

HANAオーガニック の詳細はこちら

down

コメントする