たるみUP!

目の下のクマに効く化粧品を原因別に紹介

目の下のクマに効く化粧品を原因別に紹介

目の下にクマがあると、それだけで老けていたり疲れている印象を相手に与えてしまいます。

目の周りの皮膚は他の皮膚と比べて非常に薄く、デリケートな部分なのでクマが出来やすいのです。

目の下にクマが出来る原因は寝不足だと思う人が多いかもしれませんが、それ以外にも色々な要因があるんです。

目の下のクマには青グマ・黒グマ・茶グマといった3種類のクマがあります。

クマを解消するには闇雲に化粧品を塗ればいいというわけではありません。

まずは自分がどの種類のクマなのかを把握し、クマの種類に応じた化粧品を使用して、きれいな目元を取り戻すようにしましょう。

目の下のクマの種類を見分ける

自分のクマにぴったりの化粧品を見つける為に、自分のクマの種類を見分けるところから始めましょう。

目の下を引っ張ったら薄くなった⇒「青クマ」
青クマは血行不良が原因で起きるクマで、目の下を引っ張るなどして刺激を与えると、色が変わる特徴があります。
上を向いたら薄くなった⇒「黒クマ」
黒クマはたるみなどが原因でできるクマであり、上を向くとたるみが無くなる為色が薄くなるのです。
目の下を引っ張っても上を向いても薄くならない⇒「茶クマ」
茶クマはしみやくすみのように肌の中にある色素が原因で出来るので、皮膚を引っ張っても上を向いても特に色は変わりません。

クマの種類別に見るおすすめ化粧品

「青クマ」におすすめの化粧品

青クマは目元の血行不良が原因で出来ます。

目の周辺にはたくさんの毛細血管が張り巡らされているのですが、それら血管を流れる血液が滞ってしまい、うっ血を起こすと青クマが出来てしまいます。

そんな青クマにおすすめの化粧品は「キラリエ・アイクリーム」です。

キラリエ・アイクリーム

キラリエ・アイクリームは青クマ・黒クマ・茶クマどのクマに対しても有効ではあるのですが、3個のローラーが付いており血行促進の効果があるので、非常に青クマに有効です。

その他にも黒クマに効果が高いといわれる生レチノールがたっぷりと配合されていたり、植物オイルで透明感を与える効果もあるので色素沈着にも有効な、優秀な化粧品です。

高価な原材料を使っているにもかかわらず、とってもお手頃価格でコスパが良いのも特徴です。
キラリエアイクリームの詳細はこちら

「黒クマ」におすすめの化粧品

黒クマはたるみやむくみが原因で出来ます。加齢等によって皮膚がたるみ、皮膚の影でクマが見えてしまいます。

そんな黒クマにおすすめの化粧品は「アイキララ」です。

アイキララ

アイキララ

アイキララには、ビタミンC誘導体の一種である「MGA」というコラーゲン生成をサポートしてくれる成分が配合されているため、肌にハリを与え、たるみや皮膚痩せを改善してくれる働きがあります。

また、肌内部にコラーゲンなどの栄養素をとどめてくれて、健康的な肌色へと導いてくれる効果もあるので、茶クマにも有効です。
アイキララの詳細はこちら

「茶クマ」におすすめの化粧品

茶クマはアイメイクをきちんと落とせていなかったり、目を擦る等による皮膚への刺激等によって、色素沈着が起きてしまうことで出来るクマのことを言います。

そんな茶クマにおすすめの化粧品は「ビーグレン」です。

ビーグレン

ビーグレンは医療の最前線で活躍するアメリカの学者が開発したハイドロキノン化粧品であり、化粧品レベルを超越した医療レベルの浸透力があります。

その為、すでに出来てしまったメラニン色素までしっかりと浸透し効果を発揮してくれるので、茶クマには非常に効果的なんです。

ハイドロキノン含有率は約2%程度と低濃度である為、肌があまり強くない敏感肌の方でも安心して使用することができます。
ビーグレン(b.glen)の詳細はこちら

down

コメントする