たるみUP!

即効性あり?頬をリフトアップさせるエクササイズ!

即効性あり?頬をリフトアップさせるエクササイズ!

頬がたるんでいるとそれだけで疲れているように見えたり、老けて見えてしまうものです。それだけ頬の位置は重要です。

頬をリフトアップさせるには化粧品でのケアだけでは不十分です。

エクササイズで頬の筋肉を鍛えてあげることで、リフトアップ効果が期待できます。

頬の筋肉を鍛えればリフトアップできる

頬のたるみの最も大きな原因は顔の筋肉である表情筋の衰えです。

表情筋は皮膚に直接くっついています。

そのため、この筋肉が衰えると、顔の皮膚が重力に逆らうことが出来ずに下へと垂れ下がってしまいます。

つまり頬をリフトアップするには、普段のスキンケアに加えて、表情筋を鍛えてあげることが最も近道であると言えるのです。

頬のリフトアップエクササイズ

ということで、即効性抜群!頬のリフトアップエクササイズを紹介します。

エクササイズ1

1) 口を思い切り開けるように「あー」と言います。

2) 口を横に広げるように「いー」と言います。

3) 口を思い切りすぼめるように「うー」と言います。

4) 口を思い切り開けるように「えー」と言います。

5) 口を思い切り開けるように「おー」と言います。

※以上を1セットとし、3セット行います。
※いずれも頬を上げるのを意識して行いましょう。

エクササイズ2

1) 口を「お」の形にして、上唇と下唇を歯に巻き付けるようにします。

2) その状態で、まぶしい顔をするように、頬を上に押し上げます。

3) 頬を上に押し上げた状態で、10秒間キープします。

4) 元に戻します。

※以上を1セットとし、2セット行います。

エクササイズ3

1) 口の中に空気をたっぷりふくんで、フグのように膨らませ、5秒間キープします。

2) 次は空気を右頬に移動させて5秒間キープします。

3) 同じく空気を左に移動させて5秒間キープします。

4) 今度は空気を上に移動させて5秒間キープします。

5) 空気を下に移動させて5秒間キープします。

※空気を含んでいる間は鼻呼吸をしながら行いましょう。

エクササイズ4

1) 下唇を上唇にかぶせます。

2) その状態のまま、顎を上に上げるようにして頭を後ろに倒します。

3) その状態で、微笑むようにして頬を上に上げて10秒間キープします。

4) 元に戻します。

※以上を1セットとし、2セット行います。

まとめ

頬をリフトアップさせる効果が期待できるエクササイズを紹介しました。

どこでも気軽に出来るものなので、ぜひ隙間時間などでやってみてくださいね。

でも、電車の中など人目につくところでやってしまうと変な人だと思われてしまいますので注意してくださいね(笑)

表情筋トレーニングは継続することが大切です。一度やって終わりではなく、しっかりと習慣化していくようにしましょう。

ただやり過ぎはかえって良くないので、無理のない範囲で行うようにしてください。

down

コメントする